ワインの小部屋 TOPへ リンク集 会社案内 PB商品 九州内県別焼酎一覧 原材料別焼酎一覧 メーカーキャンペーン
国東半島で明治元年創業の「南酒造」が、
地元で愛される酒造りをモットーに手造りにこだわった
個性派の本格麦焼酎です。

昔ながらの麹室で麹を手造りし、
低温で時間と手間を惜しまずに
低い酸度で丁寧に発酵させています。

炭素ろ過はしていますが
薬品類は一切使用していません。

原料には厳選した高級精白大麦を使用し、
通常二段で仕込む過程を
三段仕込みし常圧蒸留しています。

」さんの由来

」とは、この地方にある伝説です。その伝説とは・・

昔むかし、大分県国東の安岐郷という所に、ある親孝行な若い百姓がおりました。
朝から晩までよく働き、年老い た母をよく助けておりました。
安岐というところは元来雨の少ない地方で、今でもたくさ んの溜め池が
あるくらいなのですが、その年は特に雨が少なく、
大変な のため作物はできず、飲み水もなく
大勢の百姓は飢えに苦しんでおりました。

その若い百姓も例外ではなく、その上、年老いた母の事を考えると、
彼の胸は痛み続けるのでした。
は日に日に弱っていくからです。

ある日、若い百姓はついに困り果てて、母のためにわずかながらも貯えのある
庄屋の蔵へ米を に入ってしまいました。

しかし、彼はたちまちのうちに見つかってしまい、捕らえられてしまいました。
取り調べで、若い百姓の親孝行の話は皆の知るところとなりましたが、
許されるはずもありません。

ところが、これを聞いた役人の頭が一つの を出し、
それができれば放免してやると言いだしました。
その条件とは、この地方にある を「一升マスで10杯飲みほすことができたら」
ということでした。

この酒は 、大酒飲みでも5杯が限度というしろものです。

しかし、若い百姓はこれを受けないわけにはいきません。
何しろ、自分どころか母の面倒を見るのは彼の他誰もいないのですから。

いよいよ、 です。
皆の見守る中、 がさしだされます。彼は一息に飲みほします。
そして、2杯目、3杯目、彼は になりながらもがんばりました。


ところが、とうとう9杯目を飲み終わたと ころで、
彼は しまいましたが、母の名をうわ言で呼び続けています。


そこへ、あたり一面が光に包まれ、天より神様が現れたのです。

『その若者の孝行に免じて、最後の10杯目はわしがかわりに 』とおっしゃり、
は軽く一口で飲んでしまわれました。

ですが、神様はそのお酒が 、喜んで百姓達に褒美として、
大きな大きな を下さいました。

若い百姓は命も助かり、その米を母の元へ持ち帰ることができました。
ほかの百姓たちもずいぶんと助かりました。


以来、百姓たちは、この神様を すなわち  様 と
あがめるようになり、末永く幸せに暮らしました。

ページトップへ